ダイソンドライヤー 値段

 

      今この画面を見ているあなたも、カフカ スタイルを一緒に作ってみませんか?

 

<img src=

 

サイクロン式掃除機で有名なDysonが初めて手掛けたヘアドライヤー

 

ヘッド部分に大きなモーターを使用しているため、ヘアドライヤーはどれを見ても似たような外見をしていますよね。

 

このシルエットは1960年代からほとんど変化していませんでした。

 

ここに新しい風を吹かそうと、Dyson Supersonicは5年におよぶ歳月をかけ、直径27mm以下という小型のデジタルモーターV9を開発し、斬新なシルエットを生み出したのです。

 

ハンドルに内蔵されたモーターはダイソン史上最速で、不快な周波数の音が発生しないように調整されています。

 

一般的なヘアドライヤーよりも高めの独特の音がしますが、騒音に感じることはないでしょう。

 

1秒間に20回風の温度を測定することで、不用意に過度な熱によって髪にダメージを与えることを防ぎます。

 

加えて、マイナスの電荷を帯びたナノサイズのイオンを生成し、このマイナスイオンによって静電気が抑えられます。

 

さらに、熱だけに頼ることなく、コントロールされた風と適度な熱を組み合わせることでスピーディーに髪を乾かせるようになりました。

 

忙しい生活に追われ、髪を乾かす時間さえもったいなく感じる人にはぴったりなアイテムといえるでしょう。

 

それでは動画での凄さを見てみましょう。

 

 

シルエットだけでなく価格帯にも驚き!ヘアドライヤーにしては高額なお値段とは?

 

Dyson Supersonicは、価格でも消費者を驚かせました。

 

3,000円以内で買えるヘアドライヤーも多く、2万円ほど出せばある程度高性能の商品を購入できます。

 

これに対して、Dyson Supersonic は2017年10月30日時点で、税込4万8,600円の商品と、税込5万4,000円の商品(直販・百貨店限定モデル、レザーボックス付き)の2種類があります。

 

2種類の違いはレザーボックスが付いているか、いないかの違いなので、好みのほうを選べばよいでしょう。

 

アイアン/フューシャ アイアン/フューシャ (百貨店専用モデル)

¥48,600 (税込み)

¥54,000 (税込み)

 

性能が良いとしても、気軽に手を伸ばせる金額ではありませんよね。

 

 

<img src=

しかし、(公式サイト等で購入すれば2年間の返金保証制度があります)。

 

 

もっとも、逆に言えばそれほど高額でも売り上げを伸ばし続けている現状から、品質の高さがうかがえます。

 

2017年10月30日時点のネットショップにおけるダイソンドライヤー値段を紹介します。

 

Amazonでは4万550円、楽天では4万5,327円、Yahooショッピングでは4万1,960円で購入できます。

 

新品を購入しようとすると、どうしても4万円以上になります。Yahooオークションであれば中古を2〜3万円で購入できることがありますので、探してみると良いでしょう。

 

 

人気の女性誌やコスメ誌で広く取り上げられており、ビューティーメダリスト大賞などを受賞しています。

 

美容師などプロに限らず、美意識の高い女性たちから支持されている点は信頼できますよね。

 

ヘッド部分のカラーは、フューシャ、シルバー、ブルー、リアルパープルの4種類あるので、自分の好みに応じて選ぶと良いでしょう。

 

<img src=

 

 

安くはない買い物なので、写真ではなく実際に店舗へ足を運んで色味を確かめることをおすすめします。

 

 

 

使い方は簡単!

 

シルエットが独特なので、何か特殊な使い方をするのではないかと心配になる人がいるかもしれません。

 

確かにDyson Supersonicは、風があまり横に広がらず直線的に向けられ、また風圧が強いので、ヘアドライヤーを当てるときにちょっとしたコツが必要となります。

 

具体的には、乾かし始めの段階で毛先がなびいて絡み合ってしまわないように頭皮に向かってなるべく垂直に当てます。

 

こうすることで、手ぐしでも髪を比較的まっすぐに乾かせるようになります。

 

ある程度髪が乾いてきたなら、髪の外側から指を差し込み、毛先がヘアドライヤーの風で飛ばされないように抑え込みながら乾かします。

 

慣れれば髪が絡み合ってしまう心配もなく、ヘアアイロンを使わなくても風圧が強いため髪に艶があらわれます。

 

アタッチメントの付け替えも簡単なので、気分に応じてヘアスタイルを変えたい人にもおすすめです。

 

手ぐしでざっくりと髪を乾かしたいなら太めのスムージングノズル、スタイリングをしたいなら細めのスムージングノズルを使用しましょう。

 

ディフューザーは風邪を分散させ、カールやウェーブを活かしながら髪を乾かすことができます。

 

ただし、ディフューザーは風が優しいため乾かすのに時間がかかり、音がうるさいというデメリットがあります。

 

それぞれ使用してみて、メリット・デメリット、自分の髪との相性をチェックしてください。

 

ヘアドライヤーの価格相場からみるとかなり高額な商品ですが、2年間の返金保証もあるので気になる人は電化製品売場などで試してみて、購入してみると良いでしょう。

 

<img src=

↑↑シシド・カフカ愛用のダイソンヘアドライヤーの公式サイトはこちらからどうぞ↑↑